LINEPayで3万円今すぐ借りる!返済は半年後に500円。

3万円でも今日にすぐ必要になった時LINEPayで救われる?

 

どうしても今日お金が必要になった時、あらゆる手を尽くして他にもう方法が無い時にいつも使っているLINEが提供するサービスで救われるかもしれません。ここでは条件が良くないにも関わらず即日LINEPayで3万円を借りる事ができて何とか給料日まで過ごすことが出来たリアルな体験を踏まえて解説します。諦めるのはまだ早い!ここでは初心者にもわかりやすく解説します。LINEアプリを普段使っていてLINEアプリがインストールされているなら3万円を今すぐ借りられる「かも」しれませんよ。

 

そもそもラインペイってなんなの?電子マネーでは?

ラインペイ
©LINE

 

ラインペイは電子マネー。なので基本的にはコンビニでチャージしたり、クレジットカードからチャージして使うものなので借りるとかいうものではないですが、バンドルカードについている「ポチっとチャージ」のように手持ちが無くても、クレジットカードが無くてもチャージする方法があります。

チャージしてしまうとコンビニなどで買い物ができますが、チャージしたくてもお金が全然無かったら無理ですよね。なのでお金をLINEから借りてチャージするのが「借りる」ボタンを押して使うLINEクレジットなのです。要はLINEからお金を借りて返すシステム。

LINEPayの場合チャージした金額を「現金」でATMから引き出す事ができます。なので電子マネーのチャージとしても使えるし借り入れとしても使えます。

それが「LINEポケットマネー」です。LINE関連会社の運営する健全な消費者金融といったところです。プランが2つあってスタンダードプランは50万円までの借り入れで最高300万円までと一般的な消費者金融でおなじみの内容です。金利は通常年利18%で300万円とか高額の借入だと1桁台にスライドする仕組み。対してマイペースプランは最高借入額3万円迄限定で年利18%固定。返済額も数千円程度から返済も数か月後から可能な手軽で尚且つ高額な借り入れができないのでメリット満載です。

 

マイペースプランに狙いを定めてチャージするほうが審査通過率高い

 

ちなみに実際にマイペースプランに申し込んだのはライターとして手伝ってもらっているフリーの人もいますが彼は経歴が凄いので省きます。そのうち一番属性が良くないスタッフのスペックは以下の通りです。

 

  • 現在の仕事は非上場企業の会社員で入社4ヶ月目
  • 他に自営もしている(副業か本業か微妙な割合)
  • 年収450万
  • 自己破産歴あり(4年前)
  • 既婚、子供なし
  • マンション住まい、入居7年目
  • 年齢40代
  • 固定自宅電話あり
  • LINEアプリ利用歴あり

 

こんなところですが審査は1時間程度で完了。見事に3万円の枠を獲得しました。これでいつでもLINEPayにいつでもチャージ可能、もしくは現金引き出しが可能です。

 

LINEペイの「借りる」ボタンを押して審査申し込み

LINEペイでお金を借りる
©LINE

 

借りるボタンを押せばいつでも審査が可能!審査通過後は借りるボタンを押すといつでも3万円の枠内でチャージ、現金出金が可能となります。いつでも使えるように3万円の枠を用意しておくと便利です。ほんの少しのお金が無くて悲しい気持ちになるよりよっぽどマシです。

 

LINE審査通過すればいつでも借り入れできる便利なボタンに

LINEPAY
©LINE

 

3万円のうち1万円を借りたら返済は半年後500円

LINEペイの返済額
©LINE

 

審査に合格すればあとはいつでも3万円以内で使い放題です。返すのは数ヶ月後からでOKだし毎月数千円の返済でOK。3万円くらいならお金が入ったら一括で返せますよね。賢い使い方はいつでも3万円の枠を残しておいて本当にヤバい!というときにだけ使うようにしたら良いのです。

誰かにお金を借りたり、物を売ったり、色々と考えて苦しむより健全な上手な使い方でしょう。では3万円プランの審査は難しくない事が分かったのでどういうものが必要か、どういう内容で審査したかをチェックします。過去に自己破産経験のある彼は次の内容で審査通過しました。

 

  • 証明書に使ったのはマイナンバーカード
  • 届け出をした電話は固定電話(実際にはLINEでスマホの番号も知られている)
  • 職業は会社員ではなく不利と思われる自営で届け出た
  • 現在の他社ローン、借り入れとかは0円で申請(本当に一切借り入れ無し)
  • 返済引き落とし口座は三井住友銀行を指定

 

このような内容で審査申し込み。もちろん一切の嘘は無く全部事実です。マイナンバーカードは暗証番号を入力しスマホで情報読み取り。電話確認一切無し、収入証明、職場在籍確認も一切無し、銀行との引き落とし連携が面倒だったなってくらいだそうです。とにかく早くて申し込み準備だけで1時間かかってないです。申し込み後1時間以内にLINEで審査通過連絡があっただけであっけなく審査通過です。

彼は過去に自己破産をしており(連帯保証人等で)、尚且つCICにブラック情報が残っています。にも拘わらず審査通過していますから審査難易度は単に過去のブラックだけではなく、LINE独自のスコアリングと属性、提出物で判断しているのかもしれません。それと借り入れ出来る額が3万円という非常に少ない額なので、無審査のバンドルカードと大差ないです。

バンドルカードでもほとんど無審査でぽちっとチャージで2万円程度の枠は付くようですし、支払いが遅れても減額されるものの再度チャージ可能とのこと。対してLINEペイの借り入れは現金引き出しできることから審査はあっても通過難易度は低いし現金借り入れがきできる点で魅力的でしょう。さすがLINEという感じです。ちなみに返済は半年後500円です…..。忘れないように引き落とし口座に入金しておきましょう。

当然ですが3万円といえども絶対にきちんと返済する必要があるので低い金額だからと返さないとか延滞とかは絶対しないようにしましょう。審査が緩いだけにリスクを取っているということなので、しっかり返済をして信用をつけていくべきでしょう。

 

おすすめの記事